お金借りる即日。今日いますぐ、どうしても安全簡単にお金を借りたいおすすめ

今すぐお金を借りたい人は消費者金融がおすすめ


今すぐお金が借りたい人は、消費者金融の即日融資がオススメです。
銀行の方が金利が安く、消費者金融にはあまり良いイメージがないという方も、スピードを重視するなら圧倒的に消費者金融が有利です。
消費者金融なら土日祝も夜間も審査を行っていますので、本当に急にお金が必要になった時力強い味方になってくれます。
当サイトでは、消費者金融で今すぐお金を借りるためのポイントと、安全に消費者金融を利用するためのポイントをご紹介しましょう。

 

 

急いでいる方のために!オススメのキャッシングサービス

 

アイフル

貸付利率(実質年率) 窓口受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 9:00〜21:00 最短30分で審査が可能!

 

お急ぎ審査で即日融資も可能!インターネットから申込み後、フリーダイヤルに電話することで審査にかかる時間が短縮されます。振込み予約やカードでの融資とその場の状況に合わせた即日融資方法が選べます。
※受け付け時間によっては振込みがよく営業日となる場合があります。
【特徴】
・女性専用の申込みフリーダイヤルもあります
・1秒診断で事前に自己診断が可能。
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

 

 

 

 

即日でお金を借りるなら消費者金融がオススメ

即日でお金を借りたい場合、私は消費者金融をお勧めします。
あまりイメージの良くない消費者金融、しかも金利も高い。
それなのに消費者金融の即日融資をオススメするのには理由があります。

 

即日融資の可能性が最も高い

銀行でも即日融資は可能ですが、やはり可能性が最も高いのは消費者金融です。
詳しい理由などはわかりませんが、実際に私が申し込んだ結果、消費者金融は時間内であれば確実にその日のうちに借りることができました。
銀行は口座がなかったり、審査に時間がかかっているので明日になるなど、なんらかのよくわからない理由で翌日以降になることが多かったです。
消費者金融は、書類の不備や在籍確認ができないなど明確な理由がある場合を除いて、ほとんどその日のうちにキャッシング出来ましたので、かなり確率が高いといえます。

 

無利息キャンペーンがある

急ぎでお金を借りたい人で、借りたい金額が少額な方こそ、消費者金融が最もおすすめです。
無利息キャンペーンは、決まった期限内に返済をすれば利息が0円になるキャンペーン。
ほとんどが1ヶ月以内なので、それまでに返済できれば金利が高くても関係ないんです!
給料日前で給料日になったら返せるのに!という方は、ぜひ消費者金融の無利息キャンペーンを利用してくださいね。

 

バレずに借りられる

これは人それぞれかもしれませんが、もしあなたが家族などにバレないように借りたいのであれば消費者金融がオススメです。
消費者金融ほど個人情報に細かく配慮してくれるところはありませんし、カードなどの発行も、「バレたくない人がいる」という前提で色々なサービスを展開しています。自宅以外に配送サービスや、配達時間指定サービス、カードそのものを一切発行しないサービスもあります。
人にバレたくない、という方は銀行や信販系よりも消費者金融の方が確実にバレずに借りることができます。

 

いかがですか?
消費者金融ってあまりいいイメージはありませんが、実はこんなに借りる人にとっておトクなサービスがたくさんあるんです。
その代わり、金利は高いので長期的に大きな金額を借りるのには向いていません。
少額を急ぎで借りたい人には本当にオススメなので、ぜひ一度検討してみてくださいね。

 

即日でお金を借りるメリット・デメリット

今日、お金を借りたい!という方は、何か特別な理由があって急いでいるのでメリット・デメリットなどを考える余裕はないかもしれませんが、デメリットだけでも知っておく必要があります。
それぞれの良い面・悪い面を知っておくことで、急用に間に合った後どうするかということも事前に考えることができます。
お金を借りたら必ず返さなければなりません。
そのためにも、メリット・デメリットは把握しておく必要があります。

 

即日お金を借りるメリット

通常の手続きで借りるよりも、即日融資は以下のような面に特化しています。

  • 審査スピードを重視するため、必要書類が少ない
  • 担保や保証人は不要
  • 審査時間が30分〜1時間がほとんど
  • 無利息キャンペーンがある

即日融資のメインである消費者金融は、とにかく審査スピードを上げるために必要な書類が少ないのが特徴です。
また、担保も保証人も不要なため、自分の信用のみで借りることができるため人に迷惑をかけることもありません。
さらに、即日融資はすぐに返済することを前提としているキャッシングなので、短期間で返済したら無利息でOKというキャンペーンも行っています。

 

即日お金を借りるデメリット

デメリットはたった一つ、金利が高いことです。
ひとつだけですが、これは今後の生活において非常に重要なポイントです。
消費者金融は金利が18%と非常に高い金利となっているため、長期の借入には向いていません。
すぐに借りてすぐに返済するのが即日融資の鉄則です。
長くかかりそうであれば、急ぎの用事が間に合った後に銀行などの低金利なキャッシングに借り換えを行いましょう。

 

即日でお金を借りる 申し込み・審査・契約の流れ

消費者金融の即日融資は、書類を提出して審査を受け、通過したらすぐにATMでお金を借りることができます。
そのスピードは、消費者金融の場合は30分〜1時間
トータルの時間を考えても、2時間あればお金を借りることが出来ます。
それでは、実際に私が借りた時に必要だった書類と手順を簡単にご紹介します。

 

即日でお金を借りるための条件

まず、即日融資を利用するためには一定の条件を満たしている必要があります。

 

20歳以上

20歳以下の人は借りることができません。
また、上限はキャッシングによって異なりますが、だいたい60歳または65歳くらいまでとなります。

 

安定した収入があること

契約者自身に安定した収入がある必要があります。
最低でも3ヶ月以上が好ましく、アルバイトやパートでも問題ありません。
配偶者や親に収入があっても、本人に収入がない主婦や学生は契約できません。

 

年収の3分の1以上の借り入れがないこと

他社の借入が年収の3分の1以上にならないこと。
それ以上の借入がある方は契約できません。

 

以上が即日お金を借りるための最低限度の条件になります。
これを満たしていれば契約できるわけではなく、この条件を満たしている人が初めて申し込みすることができます。
これについては、各消費者金融の公式サイトで自己診断がありますので、そちらでもチェックすることができます。

 

即日でお金を借りる流れ

  1. Webから申し込み
  2. 書類提出
  3. 本審査
  4. 審査結果(通過)
  5. カード発行
  6. キャッシング


大まかな流れはこのようになります。
これでトータル1時間半〜2時間程度です。
少しでも早くお金を借りるためには、Webからあらかじめ申し込んで置くことがポイントです。
直接店舗に行って既に誰かが申し込み中だった場合、その場で終わるのを待たなければなりません。
その時間がもったいないので、Webから申し込みを行って審査をうけ、審査に通過したら店舗に向かってカードを発行します。
これなら、ムダに店舗まで出向く必要がないのでいいですね。

 

審査結果をうけた後、店舗にいくのが嫌な人はWeb完結なら店舗に行かずにお金を借りることができます。
審査結果が送られて来た後、自分の口座を登録することで、その口座に振り込まれる形でキャッシングをすることができます。
これなら、自分の口座からお金を引き出せばいいので誰にも気づかれずにキャッシングができますね。

 

ただし、急いでいる方がこの方法でキャッシングをしてしまうと、その日のうちにお金を借りることができなくなる可能性があります。
確実に借りたい人、どうしてもすぐにキャッシングしたい人は、必ず店舗に出向き、カードを発行してもらってください。
カードを発行してもらえれば、24時間いつでもどこでもキャッシングをすることができます。
確実なのはカード発行ですので、急いでいる人ほど面倒でも店舗へ向かってくださいね。

 

申し込みに必要な書類

申込みに必要な書類は、本人確認のための書類のみです。
借入したい金額によっては収入証明が必要な場合もありますが、50万円以下であればほとんどの場合が身分証明書類のみでOKです。本人確認が可能な書類は以下になります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

運転免許証を持っている方は、運転免許証のみでOKです。
免許証を持っていない方は、少しややこしくなります。

 

@顔写真の入っている証明書
まずは、顔写真の入っている証明書が必要です。
パスポートなどがそれにあたります。
Aそれ以外の書類2通
顔写真の入っている証明書がない場合は、住所がわかる証明書が2通以上必要です。

 

また、顔写真が入っていない証明書の場合は、来店契約しかできない場合もありますので、免許証やパスポートがない場合は先にどのような書類が必要か確認してから準備するようにしましょう。

 

審査について

即日でお金を借りる最大のメリットは、この審査の時間が短いことです。しかし、だからといって審査内容が簡単なわけではなく、必要最低限の審査に絞って厳しく行っている、ということになります。

 

審査は、それぞれの現在の借入状況や返済状況などをチェックする「スコアリング方式」と、「在籍確認」の2種類があります。
スコアリング方式は、他社の借入状況や今までの返済状況、返済遅延や滞納などがないか、過去の返済実績などを点数方式で審査する方法です。
この方法に通過すると、次に在籍確認に移ります。
休日や土日などで在籍確認ができないとせっかくスコアリング方式の審査に通過していても、在籍確認ができるまで契約できませんので、在籍確認をどうするのか、最初に考えておきましょう。

 

最近では、土日など会社が休みの日に申し込みをした場合は、在籍確認のみを翌営業日に行うという条件で、ある程度の金額までは貸してくれる場合もあります。
また、給与明細や社員証などで在籍確認の一部として認めてもらえることもありますので、必ず最初に相談するようにしましょう。

 

即日お金を借りる時の限度額について

通常、大手の銀行キャッシングなどでお金を借りる場合、自分の借りたい金額を申し込んでそれに対して金額に見合った審査を受けることになると思います。
しかし、即日融資の場合はその日その場で審査を行ってお金を貸せるかどうか判断しています。
そのため、限度額は低めになることが多いです。

 

これは、消費者金融のような即日キャッシングが審査時間を短縮するために、必要最低限の審査しか行っていないため。
50万円以上を借りるためには収入証明が必要となるように、大きな金額を借りるためにはそれに見合った書類が必要となりますし、審査の項目も増えるため、30分や1時間のような短時間では審査が終わらないことがあるからです。

 

即日融資で審査を受ける場合、急ぎでお金を借りたい場合は、必要最低限の金額を申し込むようにしましょう。
その方が、時間短縮になる可能性も高いですし、審査に通過する可能性もアップすると思います。

 

キャッシング枠で即日お金を借りる


もし、あなたが手元にクレジットカードを持っていたら、そのクレジットカードにキャッシング枠がついていないか確認してみましょう。
クレジットカードは、商品を購入するだけでなく、現金をATMから引き出すことができる「キャッシング枠」を付与させることが可能です。
しかしこの昨日は、クレジットカードを作った時またはその後に別途契約をする必要があります。
何もしなければショッピング枠のみとなりますので利用出来ませんが、もし何かのきっかけでキャッシング枠を付けていたのであれば、そちらを利用するのが最もスピーディにお金を借りる方法です。

 

しかし、これはあくまでも今既に申し込みができていて、クレジットカードでキャシングができる手続きが終わっている人のみ。
クレジットカードにキャッシング枠をこれからつけようと考えている人は、1週間〜2週間以上かかってしまうことを忘れてないでください。

 

信販系カードは特に手続きや書類のやりとりに時間がかかります。
急ぎでお金を借りたい人には最も向いていないので、急いでいる場合はクレジットカード以外にキャッシング・カードローン用のカードを用意した方がスピーディです。

 

銀行は即日でお金を貸してくれる?

最近では、銀行のキャッシングでも即日融資という言葉が並びます。
銀行は消費者金融に比べて低金利で借りることができるので、大きな金額を借りる時はオススメです。

 

しかし、急いでいる時は話が違います。
銀行では、2018年より即日融資が実質不可能となりました。
銀行は、消費者金融とは違い、お金を貸す場合は警察庁のデータベースでその方の情報を確実に確認しなければならなくなりました。警察庁のデータベースへの照会は、1日では到底不可能ですので、実質銀行は即日融資が不可能となりました。

 

銀行は、お金を貸す時にその人物が反社会的勢力に該当しないか確認を徹底しなければなりません。
最近では銀行も消費者金融同様即日融資が可能な流れとなってきていたので、残念ですね。

 

今すぐお金を借りるには?

「とにかく急いでいる、今すぐどうしてもお金が必要」
誰しもそういう時はあると思います。
急いでいるからこそ、まず最初は冷静になって、金額はいくらなのか、どうしてもすぐ必要なのか、ということをまとめてみます。
それでもどうしても必要な場合、最低限必要な金額を確認してから申し込みをしましょう。

 

キャッシングは、誰でも初回の融資は少ない金額しか貸してくれません。
到底足りない、という人は仕方がありませんが、必要なお金以上のお金を初回に申請するよりも、最初は最低限どうしても必要な金額のみ申請するべきだと思います。
2〜3回返済実績があれば、後日限度額はアップすることが可能なので、最初はできるだけ最低限の金額にとどめておくようにしましょう。